トップページ >

11月16日~18日限定!デイチバのボジョレーヌーボーフェア開催

2017/11/14  ステーキなワイン日記

八丁堀の皆さん!今年のボジョレーヌーボーも要チェックですよ!

東京・八丁堀で肉とワインに溺れる店デイチバです。

今年もついにボジョレーヌーボーの季節がやってきました!

肉とワインが自慢の店デイチバも、今年はボジョレーフェアを開催します。

デイチバのボジョレーヌーボーは高原の自然派ワイン

ワイン好きにとっては当たり前のことかもしれませんが、

「ボジョレーヌーボー」とは、ボジョレー地方(フランス)の新酒のことです。

そのため、ひとくちに「ボジョレーヌーボー」といっても種種多様なワインが存在しています。

ボジョレーヌーボーとしてプッシュするワインが、店の個性を表すといっても過言ではありません。

 

肉とワインの店デイチバは、今年のボジョレーヌーボーにジョルジュ・デコンブをセレクトしました。

ジョルジュ・デコンブは、自然派ワインの巨匠マルセル・ラピエールの一番弟子として名高いワイン生産者です。

デコンブ氏は元々瓶詰業者でしたが、ラピエール氏の人柄に惹かれてワイン造りの道に足を踏み入れました。

師の教えを忠実に守ったデコンブ氏のワインは、構造的な味わいの力強さが数多くのリピーターを生んでいます。

 

その味わいの秘密は、標高350m以上の高原に位置する畑です。

朝夜の温度差が、ぶどうの味わいをじっくりと構築するのです。

ぶどうにとってのハードな環境が、タフな果実をつくりあげます。

 

果実味・酸味・ミネラル感が、ばらけることなくガッチリと組み合わさったパワフルなワインですので、

冬に食べたくなるような濃い味付けのお料理にも抜群の相性。

 

デイチバでは、牛肩ロースの赤ワイン煮込みや、ツブ貝のブルゴーニュバター焼きといったアツアツのディナーをジョルジュ・デコンブに合わせてご提案します。

 

デイチバでボジョレーヌーボーが飲めるのは、11月16日~18日の3日間だけです。

今年のフレッシュな秋の味を堪能したい方は、ぜひデイチバにお越しください。